シンプルと感動を。つわみフラワーエッセンスへようこそ!

About us

TSUWAMIQ:フラワーエッセンスって何?

1930年代にイギリスの細菌学者エドワード・バッチ博士によって開発された心や感情、肉体、精神のバランスを取り戻すための自然療法です。
バッチ博士の
「汝自身を癒せ」
という言葉があります。

現在では、イギリス・ドイツ・アメリカなど世界各国で医療関係者から心理療法士の専門家、一般の人々にまで幅広く愛用されています。

屋号つわみの由来

朝の日がのぼり、あたたかくなってゆく刻々としていく瞬間と、大地なる母、そして鳥たちのさえずりも聞こえ、澄んだ空気に幸せであることに感謝をもたらし、精霊たちとともにいる凝縮された空気感を
”つわみ”と造語しています。

プロフィール
ハーバリスト双葉
2007年、長年勤めていたOLを退職後「フラワーエッセンスを自分でもつくってみたい」と一念発起。アラスカンプロダクツのワークショップに申し込む。
アラスカのホーマーの現地に飛ぶ直前にインスピレーションが降りてきて、最初のフラワーエッセンス”枇杷の葉”ができあがる。
アラスカから帰国後、2007年10月フラワーエッセンス”つわみ”を開業。
現在、メニューの中でも、特にクライアント様に合わせたリーディングによるフラワーエッセンスの調合は人気となっている。