シンプルと感動を。つわみフラワーエッセンスへようこそ!

コロッケとぶどうジュース

料理好き。

そういえば、ちょうど一年前の今頃、調理師専門学校に通ってました。
(思い出すのは難儀だなぁ。。。)

コロッケとぶどうジュースをつくりました。

じゃがいもと玉葱。
野菜はいつも家から歩いてすぐの自家菜園。
ご自宅の駐車場で、月・水・金の午後14時から売ってます。
大根の葉とかぶの葉っぱも余ってたので、茹でていれちゃえ。

混ぜ混ぜ
コネコネ

トルティーヤ

メキシコに行ったときのお土産で買ったっまま眠っていたタコス。
封を開けて、しけてしまったのでパン粉いきに。

旅先の市場やスーパーで食材を買うのが楽しみ。

シーズニング

あら、あら。
こんなお姿に。
アメリカに行ったときのシーズニングもいれましょうね。

ころっけできあがり


いただきます。

ぶどうじゅーす


デザートはぶどうジュース
たくさん買うと安かったから。。。

12月2日のエッセンス「レディースマントル」

朝おしえてくれていたエッセンスも一緒に。(ありがとうね)

本日の一本
「レディースマントル」

学名はAlchemillia vulgaris (アルケミラ ウルガリス)

ユニークな名前なので由来を調べてみたくなりました。

バラ科のアルケミラ属
アルケミラはアラビア名の「絹状の軟毛」に由来。
アルケミー、錬金術に用いたことにもちなむ。

英名の「レディースマントル」の起源は中世までにさかのぼり、聖母マリアのマントのイメージからつけられた。

昔から薬草として使われていたみたい。

和名は「はごろもそう」

一方、
アラスカンエッセンスの説明では
神聖な女性との関係を保護する。

ん?
中世のマントも保護するという意味も実は、あったのではないだろうか。
そのシンボルとして表現してたのかな。
そうなると、昔も今もかわらず、同じ意味を感じてるんだなぁ。

この花はらせん状に咲いているのも興味深い。

トートを勉強しているので、花びらの枚数を数えちゃう。
4枚が2組に重なっている!!!

アラスカンの説明では、他には男性の中の女性性や母性のつながりも。
それは4枚の2組の形状から意味をひろげられる。

説明では「フェミニン」という言葉が使われている。
うーん、ローズ系やロマンティックなのに興味なかったからなぁ。
それがセクシャリティを欠いてた要因だったのだろうか。。。
ちなみのこの花はバラ科です。

LadiesMantel