シンプルと感動を。つわみフラワーエッセンスへようこそ!

キレイな写真を撮るには

つわみ

こんばんは!

先にもお話しの通り、個人セッションでは丘の上の洋館を利用していますが、場合によっては、カフェも利用しています。
花屋も兼ねており、店員さんが、奥でフラワーアレンジメントしてたりしてます。
常連さん(笑)なので、いつも気持ちよく利用させてもらってます。

この日は、寒かったのでオニオンスープです。
あったまりました(笑)

さて、以前は、自己流なのですが写真を撮るのにはまっていたことがありました。
一眼レフのフィルムカメラを使っていたのですが、今は押入れに眠っていて、もっばらこのところは、デジカメ(それもコンパクト)になっているのですが。

植物、自然、イタリア、ギリシャの写真のポストカードが新たにレパートリーが増えております。
フラワーエッセンスにも登場している花もありますので、是非お楽しみください。→コチラ
ご注文も受け付けております。
右側の「Mail Order」からお申し付けください。

当時、身に着けた自己流のキレイな写真を撮るコツは、コンパクトのデジカメでもやっています。

いくつか紹介しますと
先ず基本が大事で、光を多く入れる。
具体的には、曇りや室内では感度を上げるとか。
日中で感度を上げると白く飛んでしまうので、そういうときは感度は標準くらいにしています。

次に、又、基本的なことで
シャッターを切るときに、コンパクトは軽いので、押した瞬間にカメラは動いてます。
そうするとブレた写真になって台無しになってしまうので、
私は、あたりを見回して、肘を固定できる場所を探します。
それでカメラを固定してシャッターを切ります。
だから写真に凝る人は三脚を持ち歩いているのを見かけるわけですね(笑)

後は、旅先や良い被写体を見つけたときには、設定を変えたもので何枚か撮っておきます。
液晶画面で見たのと、家に帰ってからパソコンで落としたときと違うので。

つわみ

雪の降った翌日、とてもキレイだったので思わずパシャリ。