シンプルと感動を。つわみフラワーエッセンスへようこそ!

吉野・奥千本のエッセンス

冬空と吉野桜

~吉野奥千本のエッセンス~ NEW

奈良県吉野によばれてエッセンスができあがりました。

吉野山は下から順に、下千本→中千本→上千本→奥千本、といわれて1ヶ月ほども桜を楽しむことができます。

昔から桜の木には神性が宿り、枝を一本折ると、腕を一本折るくらいのバチがあたるとされ大切にされてきています。

そしてエッセンスがつくられた場所は吉野山の一番奥まった、奥千本にあたる場所に、鎌倉時代(800年くらい前)西行法師が俗界をさけてこの地にわび住まいをし3年間庵をむすんだといわれているところになります。

西行法師は月と花をこよなく愛する歌人で吉野山で詠んだと言われる

   とくとくと落つる岩間の苔清水
     汲みほすまでもなきすみかかな

 
そしてエッセンスのお水も、「西行庵」から100m程行った所にある「苔清水」をいただいています。

旅に生き、旅に死んだ俳人松尾芭蕉も西行の歌を慕って二度にわたり吉野を訪れこの地で

   露とくとく試(こころみ)に浮世すずがばや

と詠んでいます。

***

西行さん


吉野奥千本、西行さんちのエッセンスは、
「苔清水」の水とそして、吉野の桜の木と山のエッセンスです。

おなかにパワーがみちあふれてきます。
おなかに力がでると陽気な気分になります。
それは同時に将来についての不安だったり、かかえている悩みや考えごとの頭の中のグルグルとした過剰な思考が、解消され軽くなっていくからです。
したがって、楽しくさせてくれるエッセンスです。

春の桜でも新緑の頃でもなく、どうして冬の吉野なのでしょうか?
「苔清水」の水量は冬の時期のせいか、とても少なく、ポタポタでした。
このポタポタがよかったかもしれません。
ポタポタというしずくが頭の中の重たくさせている余計な思考をもとかしてくれるようです。

○恋愛や人間関係などでうけてしまった悲しみや傷を癒すには
「びわの葉」
○頭の中で考えてしまう、不安や恐れのこだわりがなくなるく手助けをしてくれるのには「吉野」がおすすめです。

1本 2,500円(税込)

メールにてご注文承っています。