シンプルと感動を。つわみフラワーエッセンスへようこそ!

奈良吉野(その一)

蔵王堂の夕日

(蔵王堂と夕日)

奈良吉野へは2泊3日で、2日間をエッセンスつくりに、最終日の3日目は隣村の天川とそして飛鳥にいってきました。

一日目

上千本に旅館をとり、ついてすぐ「水分神社」にごあいさつにむかいました。
水分神社は(みくまり)と読むんだそう。

帰ろうとすると鳥居のむこうから地元の人が声をかけてくる。
どうやらここの人と間違えているようでした。

そのまま奥千本に向かって上っていくと「高城山」に到着。
写真を撮っている男性が声をかけてくる。
奈良県と三重県の境にある「高見山」を撮っているのだという。
地元でも、こんなにきれいに見えるのは珍しいのだそう。
私も一枚撮らせていただきました。

高見山

真ん中のとんがっている山が高見山。
手前が奈良県で山の向こうが三重県。

このあたりで、原生したおすすめの自然の場所はご存知ですか?
とうかがったら
「西行庵」と「苔清水」がおすすめだという。
そこまで車で乗せていってあげるとおっしゃる。
道中なんとこの男性は81歳!ということが分かり、あまりの健康そのものでびっくり。
山道を歩くし、どう見ても60過ぎくらいにしか見えない。
ふりかえれば
この人は西行さんにだぶってしまう(笑)
(おしゃべり好きだし)
裏の近道も教えもらい。

エッセンスのつくる場所が決まり、翌日の朝にもう一度来ることにする。

そして山を下りて蔵王堂へ。

蔵王堂へはちょうど閉館時間にあたり、修験道ならではのほら貝と読経を聞くことができました。
住職さんがご親切に
「中にどうぞ」
とおっしゃてくれたけれど、
日も暮れて、観光客もひとりぽつんだし、寒かった。。。
ここは、山の上。
帰り際に
「権現様のお下がりお一つどうぞ」
とリンゴをいただきました。

お下がり

翌日の山登りに持参して、おいしくいただきました。

そして夕食に見慣れない食べ物が。
「鹿のお刺身」と教えてもらう。

いただきました。。。

吉野葛のそうめんは温かくておいしかった♪