シンプルと感動を。つわみフラワーエッセンスへようこそ!

既視感を感じるのは?

ん!? 前にも来たことがあるような景色。
なんか前にもあったようなシチュエーション。

デジャブを感じていたのは
既に預知で経験していたから
過去の経験が甦ったから
というのも、もちろんあるのでしょうが

これからするのは、さらに奥深い既視感のお話し。

何でデジャブは起こるの?

それは
 ・
 ・
 ・
 ・

もう一人の私が
上から
自分のことを見ていたからなのです。

だから、ここにいる自分が既視感を感じているのは、当然のことだったのです。

さらに正確に言うならば
見ているのではなく
覗いていたというほうが近いでしょう。

丸い壺のなかに私がいます。
上にある壺口から
もう一人の自分が覗いています。

壺のなかにいる自分は制限があるという状態といえるかもしれません。

もう一人の私が
思考を切り離そうとしてやって来たのです。

「考えていないことをした方がいい」
とメッセージが降ってきます。

なぜなら
考えてやろうとしていることは
上から見ているもう一人の私にも分かっています。

もう一人の私に、自分が何をするのか先が読めてしまうので
うまくいかない存在があります。

そこで、上から見ているもう一人の私には知らせない必要があります。
自分の行動を予測できないことをするんです。
つまり、いま自分が気付いていなことをした方が上手くいくのです。

何をしたらよいのか教えてくれるのに ヒトリシズカ が手助けとなります。

想像を超えたストーリーが動きだします。

TSUWAMIヒトリシズカ