シンプルと感動を。つわみフラワーエッセンスへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の夏

この暑い時期になると、終戦の回顧というか、平和、鎮魂の祈りのようになるのは私だけでしょうか。
それにお盆とも重なり合っています。

フラワーエッセンス関東タンポポの頃、何年も前の、あの体感の記憶を思い出しました。

TSUWAMIフラワーエッセンス関東タンポポ

昭和天皇がいらっしゃいました。

私は、お亡くなりになられているのに
どうしてまだこちらに?と成仏されていない御姿に、けげんに思いました。

昭和天皇は、海を眼下に、崖の上にきていらっしゃいました。

そこには、戦没された日本兵らがまだいました。

日本兵は還り方を知らないのか
戦中の時のなかにまだいるのか
その土地のなかによく分かっていなくてしがみつくしかないようにもみえました。

昭和天皇は、彼らを連れて還るために
穢れた状態の、きけんをおかしてまで成仏はまだしないで、御自ら、あえてこの世に残る選択をされた意志を感じました。

そして


天皇は龍となり
日本兵を背中にのせて
龍の身が御霊で重くなっても
雄々しく、神々しく、勢いよく
天に向かってみるみる昇っていかれました。

昭和天皇が生きていらした頃からも
魂となってもなお変わらない
責任感の人間くささの強い思いと
私たち、日本をお守りくださっているあたたかく大きな存在のようでもありました。

TSUWAMI



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。